米子市 借金返済 弁護士 司法書士

借金返済の相談を米子市在住の人がするなら?

借金返済の相談

借金の悩み、多重債務の問題。
借金・お金の悩みは、自分ひとりでは解決が難しい、重大な問題です。
しかしいきなり、弁護士や司法書士に相談しようにも、少し不安になったりするものです。
当サイトでは米子市で借金・債務のことを相談するのに、お勧めの法律事務所・法務事務所を厳選して紹介しています。
インターネットを利用して相談することが出来るので、初めて相談する方でも安心です。
また、米子市の法律事務所・法務事務所もピックアップしているので、それらも参考にしてください。

債務整理や借金の相談を米子市の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

米子市の借金返済・債務解決の相談なら、この事務所がお勧めです。
弁護士対応で、全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円だから、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払は、分割払いも可能です。
弁護士への相談料金はもちろん0円!
借金の督促をストップするのも可能。
任意整理、個人再生、過払い金、自己破産、など、借金や債務のことを相談できます。。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(電話料無料)で相談受付が可能なので、借金返済で困っている人も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK☆



ウイズユー司法書士事務所(借金の減額診断)

ウイズユー司法書士

米子市の人が借金・債務整理の相談をするならまず、「借金減額の無料診断」もオススメです。
全国対応の「ウイズユー司法書士事務所」が行う借金減額の無料診断です。
無料診断は、たった4つの質問に回答するだけの、簡単なもの。
診断はホームページ上で行えるので、面倒な登録などは必要ないので気楽にできます。
また、診断結果の送信もすることができますが、無料相談や送信は匿名でも可能なので安心です。
◆特徴◆
  • たった4つの質問に答えるだけ!
  • 毎月の支払いがいくら減るのかが分かる!
  • 匿名&無料で相談OK!
  • 全国に対応!
借金がいくら減るのか、月々の支払いがいくら減るのか、借金解決の第一歩として無料診断してみませんか?

ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士事務所

↑↑↑↑↑
借金の減額診断を匿名で



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国に対応している司法書士事務所なので米子市の人も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、その度に号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、1人で悩まず、まずは無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の米子市周辺の法務事務所・法律事務所紹介

米子市には複数の法務事務所や法律事務所があります。これらも参考にしてください。


●横山幸三司法書士事務所
鳥取県米子市旗ヶ崎2丁目10-20
0859-22-7661

●西村法律事務所
鳥取県米子市西町142
0859-31-2840

●北沢薫司法書士事務所
鳥取県米子市米原5丁目3-20
0859-31-5247

●司法書士廣谷栄一事務所
鳥取県米子市万能町191
0859-21-1501

●現銀谷正司法書士事務所
鳥取県米子市旗ヶ崎1丁目5-2 ランドシップパオU
0859-35-8822

●川中・野口法律事務所
鳥取県米子市加茂町2丁目219
0859-33-7077

●アザレア法律事務所(弁護士法人)
鳥取県米子市加茂町2丁目112
0859-23-2250
http://azalea-law.net

●鹿島康裕司法書士事務所
鳥取県米子市加茂町2丁目113 加茂町ビル 2F
0859-30-2381

●法橋卓郎司法書士事務所
鳥取県米子市加茂町1丁目31
0859-22-2766

●武良克己司法書士事務所
鳥取県米子市旗ヶ崎2丁目10-16
0859-22-6655

●田中健雄司法書士事務所
鳥取県米子市旗ヶ崎7丁目11-25
0859-24-1241
http://tanaka-shihou.jp

●足立珠希法律事務所
鳥取県米子市久米町45
0859-21-8123
http://adachi-law.net

●縄司法書士事務所
鳥取県米子市尾高町70
0859-31-3645

●大山亜紀子司法書士事務所
鳥取県米子市角盤町3丁目91
0859-37-6517

●高橋敬幸法律事務所
鳥取県米子市東町410
0859-34-1996
http://upp.so-net.ne.jp

●安田法律事務所
鳥取県米子市東町296
0859-33-1019

●和心総合法律事務所
鳥取県米子市久米町328
0859-37-2580
http://legal-findoffice.com

米子市にある地元の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ですが、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、相談しやすい方も多いのではないでしょうか。

米子市在住で借金返済の問題に悩んでいる状態

色んな人や金融業者からお金を借りてしまった状況を「多重債務」といいます。
あっちでもこっちでもお金を借りて、借り入れ金額も返済先も増えた状態です。
消費者金融で限界まで借りたので、今度は別のキャッシング会社でお金を借りる。
クレジットカードのキャッシングやリボ払いを限界までして、クレジットカードを何枚も持ったり。
多重債務の状態にまでいってしまった方は、だいたいはもはや借金返済が厳しい状態になっています。
もう、どうひっくり返ってもお金を返済できない、という状態です。
ついでに高い利子。
手詰まりだ、なすすべもない、と思ったら、法律事務所や法務事務所に相談するのがベストです。
司法書士や弁護士に相談し、自分の状況を説明し、解決策を提示してもらうのです。
お金・借金の問題は、司法書士や弁護士知識・知恵に頼るのが良いでしょう。

米子市/債務整理のデメリットとは|借金返済

債務整理にも多くの手口があり、任意で消費者金融と話しをする任意整理と、裁判所を介した法的整理である自己破産又は個人再生などの類が在ります。
じゃ、これ等の手続につき債務整理のデメリットがあるでしょうか。
これ等の三つの手口に同じように言える債務整理のデメリットは、信用情報にその手続きを進めた事が掲載される事です。世にいうブラック・リストという状況に陥るのです。
としたら、おおよそ5年〜7年程の間は、クレジットカードがつくれなくなったりまたは借金が不可能になったりします。けれども、あなたは返済金に日々苦しみ悩んでこの手続を実際にする訳なので、もう少しの間は借入れしないほうが良いのじゃないでしょうか。じゃローンカードに依存し過ぎている方は、逆に言えば借入れが不可能になることで出来なくなる事で助かるのではないかと思われます。
次に自己破産、個人再生の債務整理のデメリットですが、官報にこれ等の手続を進めた事実が掲載される点が上げられるでしょう。とはいえ、あなたは官報など視た事が有りますか。逆に、「官報ってどんなもの?」といった方のほうが多数いるのじゃないでしょうか。
実際、官報は国が作成する新聞のようなものですけれども、信販会社などの特定の人しか目にしません。だから、「自己破産の実態がご近所の方に知れ渡った」等ということはまずないでしょう。
最後に、破産独特の債務整理デメリットですが、一度自己破産すると7年の間は2度と自己破産できません。そこは十二分に用心して、二度と破産しなくても大丈夫なように心がけましょう。

米子市|自己破産にはやっぱりリスクがある?/借金返済

はっきり言って世の中で言われるほど自己破産のリスクはそんなに多くないです。マイホームや高価な車や土地など高価値な物件は処分されるが、生活する上で必ずいる物は処分されないのです。
また二十万円以下の預金も持っていても問題ないです。それと当面の数ケ月分の生活費用が100万円未満ならば持っていかれることはないでしょう。
官報に破産者のリストとして掲載されるがこれもごく特定の方しか見ないものです。
また俗にいうブラックリストに記載されしまい7年間程度の間はローンもしくはキャッシングが使用ローンもしくはキャッシングが使用不可能な状態になるのですが、これはしようがない事でしょう。
あと一定の職に就けないと言う事もあります。しかしながらこれも限られた範囲の職種なのです。
したがいまして債務超過で返済することの不可能な借金を抱えているなら自己破産を実施するのもひとつの手口なのです。自己破産を進めた場合今までの借金が全く無くなり、新しく人生をスタート出来るという事でメリットの方が大きいと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限とし税理士・公認会計士・司法書士・弁護士などの資格は停止されるのです。私法上の資格制限とし後見人、保証人、遺言執行者にもなれないです。また会社の取締役等にもなれないでしょう。けれどこれらのリスクは余り関係無いときが多いのじゃないでしょうか。リスクはあんまり大きなものでは無い筈です。

関連ページ